日本电视剧 黑色校规 第7集

简介

菅原伸太郎 佐藤胜利高桥海人莫托拉·世理奈田中树 日本电视剧 日本 2019 查看整部剧情
映画は8月上旬にクランクインし、都内近郊での撮影を経て9月にクランクアップする予定。映画に加え、日本テレビの深夜ドラマ枠「シンドラ」で10月期に放送され、Huluでも配信される本作の題材は、若者を縛りつける“ブラック校則”。「男女は1メートル以上離れる」「下着は白のみ着用可」「寒くてもマフラー、タイツは使用禁止」「ペットボトルの持ち込み禁止」「授業中のトイレは男子1分、女子3分以内」など、教育の域を超えた“生徒いじめ”ではないかと疑問視する声もあがっている。数年前に大阪の高校で起きた「髪染め強要問題」は、生まれつきの髪を黒く染めるよう強要されたことが裁判にまで発展した。物語の舞台は、校則により生徒の髪形、服装、行動などを厳しく制限する光津高校。無個性集団の中でも一際目立たない存在である高校2年生の小野田創楽(そら)は、クラスの最底辺で最低の青春を送っていた。一方、創楽の親友・月岡中弥(ちゅうや)は空気を読まないタイプで、いつも予測不能な行動で周囲を驚かせる。そんな正反対の2人が恋心を抱いているのは、生まれ持った栗色の髪が美しく、髪染めを強制するルールに反発した不登校気味の女の子。創楽と中弥は彼女のために、ブラック校則に立ち向かうことを決意する。

.